大正銀行のいろいろな特徴

大正銀行とメガバンクの関係

大正銀行は大正11年に発足した「関西住宅組合建築株式会社」の銀行業務部門が発祥の第二地方銀行です。名前の「大正」は、大正時代の「大正」ではなく、「大きく正しく生きていきたい」という意味を創業者が込めて、現在の名称になっています。その後は相互銀行化を経て、平成元年に現在の「大正銀行」に生まれ変わりました。

大正銀行は、発足から現在に至るまで、他の金融機関との合併を行ったことがない珍しい銀行です。バブル景気が崩壊して、多くの金融機関が不良債権を抱え、経営に立ち往生したのですが、大正銀行はそれらのトラブルに巻き込まれることがなく、堅実な経営を行ってきました。

特に大正銀行は発足して以来、都市銀行である三和銀行との関係が深く、株式の持ち合いや経営陣へ三和銀行の関係者を招へいするなど、かなり濃密な関係を築いてきました。その三和銀行が合併を繰り返し、三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)の三菱東京UFJ銀行となると、大正銀行も同グループの一角に加わり、グループの持分法適用関連会社となりました。その関係は現在も続いています。そのため三菱東京UFJ銀行ATMや、三菱UFJ信託銀行ATMを利用する際に、手数料が無料となるサービスが受けられます。

また、大正銀行の社長のポストには、銀行内からの昇格ではなく、三菱東京UFJ銀行出身者を招へいして就任させています。現在の社長である吉田雅昭氏はMUFGの系列である三菱UFJファクター会長からの転出であり、今後もこのような密接な関係が継続していくものと思われます。www.muf.bk.mufg.jp